旭川駅徒歩7分の皮膚科、形成外科、美容皮膚科、美容外科

美容からアンチエイジングへ
美肌姫シリーズ
美肌の壺
美肌姫チャンネル
美肌姫チャンネル
  • 美肌姫日記 むずむず脚症候群

    美肌姫日記 むずむず脚(レストレスレッグス)症候群とは脚がむずむずして眠れない、虫がはうような感じ、火照(ほて)る、痛(いた)い、痒(かゆ)い…。
    そんな慢性の病気です。
    40代以降の女子や高齢者に多くナント、日本だけでも200万人はいると推測されています。
    脳内伝達物質の一つであるドーパミンの機能障害や鉄の欠乏が原因として考えられています。
    軽症なら、基礎疾患や服用しているお薬の調整、日常の生活指導etc.だけでも、十分に改善します。
    ストレッチやマッサージ、就寝前の緩~いお散歩。
    簡単なのに優秀な行動療法です。
    まずはお試しあれ!

最新情報

Facebook

ヒサコの美容通信

2018年12月号 ドライシンドローム
 最近、増加の一途を辿るドライシンドローム(乾燥症候群)には、ドライアイ(乾性角結膜炎)、ドライマウス(口腔乾燥症)、ドライスキン(乾皮症)、ドライヴァジャイナ(萎縮性膣炎)以外にも、鼻の孔(鼻腔)、耳等々の所謂臓器だけではなく、心の渇きも含まれます。…つづきを読む
2018年11月号 ヒアルロン酸注入で、リフトアップ
 2016年9月に、「ジュビダームビスタ® ボリューマ XC」が、中顔面、下顎部、こめかみの減少したボリュームを増大する為、皮下、骨膜上深部へ注入して使用される目的として、製造販売が承認されました。…つづきを読む
2018年10月号 ミアテスト®~乳癌リスク検査
 ミアテスト®乳癌リスク検査は、早期癌についても高い感度を有する血液検査です。癌のステージや腫瘍の大きさに依存せず、反応するマイクロRNAを測定する検査なので、腫瘍マーカーでも反応せず、画像検査でも見つからない1cm以下の癌でも、早期に発見出来る可能性があります。…つづきを読む
2018年9月号 メディカルフードとしての成長ホルモン分泌促進剤
 サルコトロピン舌下錠は、米国FDAにより、医薬品とサプリメントの中間に位置する「メディカルフード」として認可された、成長ホルモン分泌促進剤です。…つづきを読む
2018年8月号 褐色脂肪が、燃える。
 糖尿病や高血圧などの生活習慣病の原因の一つは、肥満とされています。肥満とセットで語られる(体)脂肪は、白色脂肪組織です。ところが、私達の体には、白色脂肪の他に褐色脂肪があります。…つづきを読む
2018年7月号 グルタチオン
 グルタチオンは、肝臓等の細胞で作られるトリペプチドで、非常に強い抗酸化作用を有している為、老化防止(アンチエイジング)や、癌、糖尿病や動脈硬化、うつや肥満、慢性疲労、アトピー性皮膚炎等の様々の慢性疾患だけでなく、シワやシミ、(光老化含む)、薄毛の原因等の慢性疾患の予防や治療に有用とされています。…つづきを読む
2018年6月号 光とアンチエイジング
 太陽の下で遊ぶだけで、寿命は約2年延びる。2016年に発表された衝撃的な論文ですが、ビタミンDと屋外の運動の重要性について述べています。…つづきを読む
2018年5月号 大豆麹乳酸菌発酵液バイオジェニックス
 大豆麹乳酸菌発酵液バイオジェニックスは、腸内環境を整える最後の切り札的な製品です。唯、これを飲むだけで全てが改善されるなんて、勝手に虫の良い事は考えてはいけませんが、値段だけの価値はあると思います。…つづきを読む
2018年4月号 抗酸化酵素を誘導するアンチエイジングサプリ
 メロングリソディンは、他の抗酸化作用のある物質を摂取してその効果を実感するものとは異なり、生体内で特に防御機能が高いとされる抗酸化酵素……つづきを読む
2018年3月号 ラクダのミルク(乳)
 ラクダのミルク(乳)(キャメルミルク)は、最近注目の……つづきを読む
2018年2月号 人工毛植毛ヘアステティックス
 ヘアステティックスは、ナイロン製の人工毛の植毛システ……つづきを読む
2018年1月号 口腔周囲(口周り)とアンチエイジング
 口周り(口腔周囲)とアンチエイジングは、単に容貌の若……つづきを読む
2017年12月号 汗の意味と発汗異常の病気
 近年では、汗にのみ存在する抗菌ペプチドが発見されたり……つづきを読む
2017年11月号 ケロイドと肥厚性瘢痕
 最近の知見では、ケロイドと肥厚性瘢痕は、「物理的刺激によって、……つづきを読む
2017年10月号 水素は、悪玉活性酸素を退治する。
 活性酸素は、従来、癌化や老化だけでなく、糖尿病や動脈硬化……つづきを読む
2017年9月号 アンチエイジングのための栄養アプローチ
 老化は、栄養のバランスが取れていない事に起因する細胞数の減少です。…つづきを読む
2017年8月号 解毒(デトックス)を極める
 私達の生活を取り巻く環境には、様々な毒素(化学物質)が存在します。…つづきを読む
2017年7月号 アンチエイジング、慢性疾患に対するミトコンドリアサポート
 アンチエイジング、慢性疾患に対する、ミトコンドリアサポートは、非常に重要です。…つづきを読む
2017年6月号 アミノインデックス®|癌リスクスクリーニング
 アミノインデックス®癌リスクスクリーニング(AICS®)は、日本が誇るこのアミノ酸の重鎮・味の素株式会社が技術開発した、血液を用いたがんスクリーニング検査です。…つづきを読む
2017年5月号 副腎疲労症候群の治療
 とにかく疲れる、副腎疲労症候群。しかし、そこまで疲れ果てるなんて事はなくても、副腎の機能が十分発揮されないと、大事なステロイドホルモンがキチンと分泌されなくなり、アトピー性皮膚炎や蕁麻疹、花粉症、脂漏性皮膚炎…つづきを読む
2017年4月号 オゾン療法は、何故、癌などの慢性疾患に効果的なのか?
 オゾン療法(血液クレンジング療法)は、アンチエイジングのみならず、慢性疾患、例えば、冠動脈疾患及び心血管疾患、壊疽、黄斑変性症、慢性疲労、癌、急性及び慢性感染症、皮膚真菌症、等々に効果があります。…つづきを読む
2017年3月号 KiPスカルプヘアシリーズ
 成長因子(グロースファクター)には、様々な種類があり、細胞分裂の促進や形態の変化・肥大に関わります。中でも、線維芽細胞に関わるものは”FGF”と呼ばれ、現在23種類が確認されています。…つづきを読む

診療内容

こちらに掲載していない内容もお気軽にご相談ください。ご希望にあわせてより効果的な治療法をご提案いたします。

  • 重瞼
  • 目鼻立ちのお悩み
  • フェイスライン
  • 小顔(顔やせ)
  • しわ・たるみ
 

“プチ整形”から本格的な外科手術まで、
さまざまな施術をご用意しています。

鼻を高くしたい、唇をふっくらさせたい、二重瞼にしたい、小顔になりたい、そんなお悩みを解消するため、“プチ整形”から本格的な外科手術まで、さまざまな施術をご用意しています。
たとえば、「フェイスラインをすっきりさせたい」というお悩み。
皮膚のたるみによるフェイスラインのぼやけには、リフトアップ治療が効果的。ボトックス注射によるボトックスリフトや針を使用するファインリフト、体内で溶ける糸を使用する3Dリフトやハッピーリフトなど、症状や得たい効果によってさまざまなリフト治療をご用意しています。
最近は、脂肪溶解注射の人気が高くなっています。当院でおすすめするのは「BNLS」。72時間で効果を実感、通常の脂肪溶解注射に比べ痛みや腫れが大幅に軽減された、顔やせに特化した脂肪溶解注射です。
頬や二重あごだけでなく、鼻筋や小鼻にも施術可能です。

  • ニキビ・ニキビ跡
  • しみ
  • しわ
  • 毛穴対策
  • たるみ
  • アトピー性皮膚炎
  • 白なまず
  • 傷跡・ケロイド
  • 乾癬
  • 膿疱症
  • やけど(熱傷)
 

ニキビ・ニキビ跡は繰り返さない
ホームケアもとっても大切なんです。

たとえばケミカルピーリングはニキビ治療によく使われる施術ですが、ピーリングをやめた途端に再発なんてことありませんでしたか?
毛穴をふさいでいる角質をピーリングで取り除いてしまえば、皮脂が溜まることもなくばい菌の餌にもなりません。が、もしあなたの体が亜鉛やビタミンAが不足していて、角質を過剰に作りやすい状態であれば、いくらピーリングを行ったところで根本的な改善にはなりません。
当クリニックでは、患者さまの身体の状態に合わせてニキビの元となる原因を根本から取り除いていく、身体の内と外からの治療をご提供します。

  • 痩身(ダイエット)
  • メタボ
  • ムダ毛
  • 薄毛・抜け毛
  • フケ、頭皮湿疹
  • ほくろ・イボ
  • むずむず脚症候群
  • 静脈瘤
  • 水虫
  • 巻き爪・陥入爪
  • タコ
  • 外反母趾
  • ピアス
  • バスト手術
 

効率の良い改善方法を模索することが
効果的に痩せるために必要不可欠です。

肥満の原因はさまざま。食生活だけでない生活習慣全般、年齢的な身体の変化によるもの、腸内環境の乱れなど、原因によって行うべき肥満治療の方法も変わってきます。
また、遺伝子情報はひとりひとり違います。だから、同じ運動・栄養療法を行っても効果に違いがでてくるのは当たり前。遺伝的な体質を理解して、効率の良い改善方法を模索することが効果的に痩せるために必要不可欠なのです。
そのためにまず、血液検査によって栄養状態やホルモンの量、遺伝子について検査をします。このデータをもとに、サプリメントや点滴を含む栄養療法に基づいた食事療法、運動療法についてアドバイスを行います。
この他、脂肪溶解注射、脂肪吸引、細胞再生注射等の施術もご用意しています。

  • 便秘
  • 肩こり・首こり
  • 偏頭痛
  • 花粉症
  • 遅延型フードアレルギー
  • 不眠症
  • 甲状腺機能低下症
  • 副腎疲労症候群
  • 更年期障害
  • 男性更年期障害
  • ED
  • リンパ浮腫
  • ホルモン依存性のがん
  • 子宮頸がん
  • 乳がん
 

体温が1℃上がれば体内の酵素の働きが
5倍になるとされています。

たとえばしみの場合、栄養状態が悪く鉄分が足りないと色素を分解することができません。いくらレーザー治療やケミカルピーリング、塗り薬などの外側からのアプローチを続けても、うまく効果はあがりません。
また、体温が1℃上がれば体内の酵素の働きが5倍になるとされています。朝食を必ず食べることで体温を上げることができれば、酵素の働きが活発になり、しみ治療にも良い結果が得られます。このことは円形脱毛症など他の症状にも当てはまります。
当院では、栄養面からのアプローチやホルモン補充治療、血液クレンジングや抗酸化治療、プラセンタ療法、漢方療法などさまざまな治療法をご提案し、身体の内側と外側のダブルのケアという考え方を大切にしています。

アクセス

map
住所
北海道旭川市4条通8右2号
ヒサコーポレーションビル2F
アクセス
旭川駅より徒歩7分
お車をご利用の方道央自動車道 旭川鷹栖インターより15分です。
*当院には、駐車場の御用意がございません。
近くの駐車場を御利用下さい。
診療時間
午前 9:00~13:00
午後 15:00~18:45
不定休
最終受付15分前


 

当クリニックの診療方針

  1. 身体の美しさと健康は、外からのケアだけでは成り立ちません。身体の内からのケアを大事にします。
  2. 患者さまとの対話、カウンセリングを重視し、お一人ひとりに合った治療方法をご提案します。
  3. 国内外の学会への出席をはじめ、精力的に最新の医療や知識を取り入れ、つねに最良の治療法をご提供します。

診療日カレンダー

品川イーストワンスキンクリニックより引き続き、旭川市でも、予防医療の概念を取り入れた最新医療を引き続き提供させていただくために、国内外の学会等の出席のため、お休みをいただく事があります。予めご確認下さい。

Previous Month2018年 12月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
Loading
2019年 1月Next Month
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
Loading

空きあり

満席

午後休診午前休診 午後休診午後休診 休診休診
 

ヒサコの美容通信

  • 2018年12月号

    ドライシンドローム

     最近、増加の一途を辿るドライシンドローム(乾燥症候群)には、ドライアイ(乾性角結膜炎)、ドライマウス(口腔乾燥症)、ドライスキン(乾皮症)、ドライヴァジャイナ(萎縮性膣炎)以外にも、鼻の孔(鼻腔)、耳等々の所謂臓器だけではなく、心の渇きも含まれます。…つづきを読む

  • 2018年11月号

    ヒアルロン酸注入で、リフトアップ

     2016年9月に、「ジュビダームビスタ® ボリューマ XC」が、中顔面、下顎部、こめかみの減少したボリュームを増大する為、皮下、骨膜上深部へ注入して使用される目的として、製造販売が承認されました。…つづきを読む

  • 2018年10月号

    ミアテスト®~乳癌リスク検査

     ミアテスト®乳癌リスク検査は、早期癌についても高い感度を有する血液検査です。癌のステージや腫瘍の大きさに依存せず、反応するマイクロRNAを測定する検査なので、腫瘍マーカーでも反応せず、画像検査でも見つからない1cm以下の癌でも、早期に発見出来る可能性があります。…つづきを読む

  • 2018年9月号

    メディカルフードとしての成長ホルモン分泌促進剤

     サルコトロピン舌下錠は、米国FDAにより、医薬品とサプリメントの中間に位置する「メディカルフード」として認可された、成長ホルモン分泌促進剤です。…つづきを読む