切らずに”ハッピー(スレッド)リフト”でフェイスリフト! | 旭川皮フ形成外科クリニック

HISAKOの美容通信2006年9月号

切らずに”ハッピー(スレッド)リフト”でフェイスリフト!

image532

切らないフェイスリフトの決定版が、”ハッピーリフト”です。
[トゲトゲ付の糸でがっちり吊り上げ効果]+[糸の吸収過程がコラーゲン産生を促進するのでプルプルお肌の再生]のW効果が期待出来ちゃうんです、はい。

 残暑の季節となりました。秋は流行のチョコレート・カラーのメイクで攻めたいと、雑誌をパラパラ捲りながら、夢想するHISAKOです。でも、このメイク・カラー、一歩間違うと、華がないどころか、影のあり過ぎる=疲れた=老けた女に陥り易いんですよね(←過去に何度も、否、何十回もこのチョコレート・カラーのメイクの洗礼を受けてしまった四十路女の独り言)。‥そこで、HISAKOは提案します。題して、”艶女が、流行のチョコレート・カラーのメイクを楽しむ為の裏技Happy Lift”。てな訳で、今月のお題目は、”ハッピーリフト”だよ~ん。”メイクの為に?”なんて本末転倒な感想を抱くようじゃ、艶女道は極められませんぞ!

陰がある女と、影があり過ぎる女。 

 陰がある女‥。謎めいた美女の常套句ですが、HISAKOの理解の範疇を超える用語として、長らく君臨をしておりました。‥仕事帰りの山手線。電車の窓に映る己の顔。”やべ~っ!!  婆ぁみたい!!”と内心焦りはしても、”うふふふふっ。私って、陰のある艶女♪”なんて、絶対思わない。影のあり過ぎる女とは、女にとっては褒め言葉と言うより、老化の自覚以外のなにものでもないと思うのですがねぇ‥。え? 字が違う?

 年を取ると、重力の法則に従い、顔も乳も尻も垂れる‥。極めて嬉しくない事ですが、地球上に生きるモノとしては避けられない現実。特に顔は、鏡をちょっと見てもらえば明白な事なんですが、皺や溝!が目立つようになって来ただけでなく、脂肪に代表される軟部組織が垂れ下がり、ブルドックと見紛うばかりの輪郭(これをHISAKOは勝手に艶女ラインと呼んでます。ははは)になってませんか? 

 艶女の友、モテるかどうかはHISAKO的には極めて謎ではありますが、ちょい不良オヤジで解説しましょう。

image533

例えば、目周り(上顔面)

 眉尻が下がる。目も、垂れ目っぽくなるって、瞼の上が野際陽子みたいに窪む‥。

例えば、顔のど真ん中(中顔面)

 特に、豊に年齢を重ねた証(豊齢線)と誤魔化した表現はしてみても、皮膚-骨間の結合組織が密の部分retaining ligament(例えば、口周り)の上に、頬っぺたの下垂した皮膚・皮下脂肪組織が如実に鎮座しておりますよね。retaining ligamentの皮膚の付着部は溝になって、夕方になるとファンデーションが捩れる、溜まる、スジになる。小娘何んぞが幾ら背伸びしたって叶わない、確たる艶女の貫禄です。

 老化は、悔しい事に、豊齢線だけに現れるものではありません。malar fat padの萎縮と下垂が起こり、下眼瞼外側が下方移動します。眼窩脂肪の突出、orbit-cheek fold(nasojugal grooveとpalpebromalar groove)、malar mound(malar crescent)、その下縁のmid-cheek groove、malar fat pad下部の隆起、鼻唇溝(俗には、豊齢線と言う)が深まり‥、影が光を細かく分断する=凸凹が目立つようになる。(医学用語乱発につき、意味不明な方は、上のLEON的ちょい不良オヤジの老け方を御参照下さいませ。) 

例えば、顔の輪郭(下顔面)

 教科書的記載:広頸筋が緩み下顎辺縁に弛みが生じ、口角から下方へマリオネットラインが目立つようになる。
 HISAKOの美容通信的記載:ブルドック、七面鳥、宍戸錠‥。   

 


 

 ‥影のあり過ぎる女に嫌気がさしたら、APTOS糸(若しくは溶けるAPTOS糸によるHappy Lift)による吊り上げ時です。

切らずに若返りたいと願う身勝手な艶女達へ 

featherlift-thread-45B15D

 昔ロシアには、Sulamanidze先生って、美容外科の医者の親子がおりました。彼らも、世界中の多くの美容外科医と同様、切らずに若返りたいと願う身勝手な中年女の要求に辟易しておりました(笑)。ですが、親子はある日、実に安直ではありますが、極めて効果的な解決法を思い付いたんです。コロンブスの卵。巾着袋の応用です。彼らはこれを、anti-ptosis(HISAKO的和訳:垂れてなんていられるか!)を意味する、”APTOS糸”って名前を付けて売り出しました。1996年の事です。  

 APTOS糸は、私達形成外科医が極々一般的に手術で使うナイロン製の糸に、棘々の釣り針の様な反しを付けただけの代物。と言っても、右の図からもお分かりの様に、細かい工夫が満載。反しの先端は鋭い傾斜になっていて、その方向は糸の中央で向き合うように対照的に付いてますよね? これが、鋭く、確実に、獲物ならぬ脂肪組織内の線維性組織をGETます。ですから、縮めたい所(=引き上げたい下垂した部位)に紐を通して、巾着袋の要領できゅ~と絞ると、そこで組織が固定される。どうですか? 実に簡単な原理でしょう?

image289

 へ? 分んない? じゃあ、HISAKOの顔で見てみましょう。

image534

 この巾着袋リフトをどう呼ぶかと言いますと、笑っちゃう話ではありますが、糸を生産している国によって違います。日本で一番出回っているのがグルジア製のオリジナルAPTOS糸で、これを使うと同じ手術でもスレッドリフトThreads lift(俗称・ロシアンリフト)。イタリアやアメリカでもこのライセンス品が生産されていて、前者はヨーロッパ市場を一手に引き受けSoft-Liftingと、後者は北米市場を独占しFeather liftと称してます。まあ、救急絆創膏を、サビオとか、オーキュウバンとか、バンドエイドとか、サニークバンとか、その他諸々のブランド名で呼ぶのと同じですかねぇ(笑)。

向き、不向き。 

 この手術は、まあ、顔の何処だって大丈夫です。が、強いて言うなら、重力の餌食となって下垂したmalar fat padが一番の大好物。巾着袋の特性を十分に発揮し尽せる部位なのです。だから定番中の定番メニューは外さずに、お腹の減り具合で、こめかみやフェイスライン、二重顎と言うか‥垂れ下がった七面鳥もどきのファット・エプロン(←猫じゃない?)全開のネックラインをサイドオーダーとして追加するのが、美味しい選択。リフトも、レストランの食事のオーダーも、須く基本は一緒なのです、はい。

レストランで上客になれる条件

 ついでにって言っちゃあ怒られそうですが、レストランの上客への手解きを補足しておきましょう。前述のLEONオヤジの顔を見直しながら、読んで下さいね。

    • 年齢:30歳代後半~40歳代の、所謂艶女世代。
    • 下垂度:軽症~中等度のmalar fat pad下垂を認める

image537 mid-cheek grooveが目立つ様にはなっては来たが、垂れ下がったmalar fat padを指で軽くプッシュ・アップしてあげると、mid-cheek grooveは十分若しくは可也消失! (因みに、消えないようだと‥、普通のフェイスリフトじゃないと、もう、無理だと思います!)

  • ごめんなさい。熟女及び大太鼓フェチの艶女の要望にはお答え出来ません。

 前述の様に、プッシュ・アップしてもmid-cheek grooveが不動状態!にまで進行してしまった方は、重症です。APTOS糸では、最早、御満足は頂けないと思いますので、諦めてフツ~にフェイスリフトして下さい。
 大太鼓の様な、ぴ~んと張り捲くった顔を所望される方にも、向きません。悪しからず。

さあ、今度は貴女の顔に巾着袋の紐を通しましょう! 

 巾着袋の紐通しって作業は、従来のフェイスリフトの様に魚ならぬ組織の三枚卸を要しないので、手術侵襲が少なくて済みます。つまり、腫れも内出血も断然少なくなる!って事です。

絶対外せない頬っぺた

 先ずは、お絵描きから。お手元に、好きな色のマッキーと鏡をご用意下さい。malar fat padを通る曲線を3本描きます。下の図を見て下さいね。1.と2.は下に凸の弧状。3.は鼻根に向かって凸の弧状です。出来ましたか?
 次に、痛いので、麻酔はやっぱり外せません。局所麻酔&眼窩下神経ブロックをしましょう。全身麻酔じゃないので、手術が終われば、ご飯も鱈腹食べられますよ。

image535

 上図では分り易い様に、お裁縫に使う極々一般的な針を使用していますが、棘々がしっかり脂肪組織内の線維性組織をキャッチすると言うAPTOS糸の特徴を考えると、実際には、お裁縫の様にす~と糸が組織を通過出来る訳はありません。当然、引っ掛ってしまいます。
 そこで一案。私達形成外科医が良くやる一般的な手技を使います。題して、筒局(つつもたせ:美人局)。

image538

 どうです? 結構ピリリと小技が効いてるでしょ? 
 こうしてウナギ(APTOS糸)を通したら、筒(APTOS糸専用の外筒)を一気に抜き去ってはいけません。だって、下垂したまんま糸で保持されちゃったら、困るでしょ? 寄せたまんま、ゆっくりゆっくり筒を抜かねばなりません。これで、APTOS糸の棘状の返しが脂肪内の線維性組織に突き刺さり、脂肪が挙上した位置で固定されます。

ん、じゃあ、他もやってみよう!

 ん、じゃあ、他もやってみよう! 
 コメカミ(眉毛部)は、眉尻からコメカミの生え際に向かって緩やかな弧を描いて‥、後は頬っぺたと同じ。
 フェイスライン(下顎部)は、たるたるのお肉に従って、曲線を2本描きましょう。後は頬っぺたと同じです。
 ネックライン(顎下部)は、ど真ん中近くより外側に向かって2本描きます。これ又、後は頬っぺたと同じですね。

image293

 あれまぁ! フルフェイスで糸入れたら、LEONからR25世代に戻っちゃいましたね。

 これで貴女も、2~3年(物持ちが良い人だと、3~5年)は、若さが保てますかね。

Happy Liftは、進化系。 

 以上お話したのが、旧人類ならぬ旧糸APTOS糸によるリフティング。時代は進化するではありませんが、人間欲望は肥大化するものと決まっております。重力に反した単なる顔の軟部組織の吊り上げだけでは物足りない! 肌の質までバージョンアップしたい! そんな欲張り過ぎる女心を満たしたいとの思いから、APTOS糸のライセンス版を生産販売していたイタリアのPromoitalia社が、進化版の”Happy Lift”を考えました。(因みに手技は一緒です。)

単なる2世、親の七光りではありません。

image539

 ”Happy Lift”は、昔から極々普通に手術の際縫合用の糸として用いられていた生分解性ポリマーPolidiossanone(Coopolymer of polylattide caprolattone)から作られています。つまり端的に言うと、APTOS糸で儲けちゃったPromoitalia社が、二匹目のドジョウを狙って、安全性の確立された既存の溶ける糸にケバケバを付けて、リフト用に売り出したって言うのが事ならぬ糸の真相。まあ、それが何処まで効果を上げたのかは個人的にはちょっと眉唾と思わぬ訳ではないけれど、APTOS糸よりパンク魂を旺盛に棘ばらせちゃっただけじゃなく、ちょっと捻りを入れちゃいました♪がPromoitalia社のセールストーク。何でも、組織に何が何でもしがみ付いて離れない根性と言うか執念が大幅アップして、リフティング力が25%、張力が37%上がったんだそうな。

溶けるって‥、そんなに偉い事なんかい?

image541

 ナイロン製のAPTOS糸が精々2~3年そこそこ(物持ちの良い慎ましやかな方!だと3~5年)のリフト効果だとすると、溶ける”Happy Lift”はもっと寿命が短いんじゃない? 誰しも心配になるところですが、胸を張ってHISAKOは<ハイ!>と全面肯定しちゃいます。APTOS糸より持ちは悪いです。糸自体が8~10ヶ月で完全に吸収されちゃう訳ですから、幾ら瘢痕による癒着がどうのこうのとPromoitalia社が騒いでみたところで、そんなもの高が知れてます。1年ちょっと(1~2年、頑張って3年は‥キツイだろうなぁ)の寿命が本音です。

 でも、これって、致命的な欠陥かと言うと、寧ろ利点であるとHISAKOは肯定的に考えます。
 何故って? だって、もし永遠にSMの縄師ばりに頬っぺたのお肉を巾着に縛り上げたまんまだったら、他の部位は重力の掟に従って下垂する訳じゃないですか。どうしたって、不自然な歪が出て来ちゃいます。もう一度、糸を抜いて仕切り直そうと思っても、APTOS糸はケバケバで足を突っ張って!が信条ですから、抜けません。歪を誤魔化しながら、新たな糸を入れる事しか出来ないんです。更地からお家を建てる方が、増改築を繰り返した家より快適なのは、誰の目にも明らかですよね? これが、”Happy Lift”がAPTOSの進化系と評される理由でもあります。

 それに、もし、弛んだ部分に、糸状じゃなくてジェル状のヒアルロン酸を注入しても、どうせ見た目的には1年ちょいとの命。寿命的には大差ありません。なら、既に垂れ下がった頬っぺたに辻褄を合わせるより、新たな松たか子ばりのパンとした頬のトップを高い位置に作り直す方が、小娘っぽく見えるでしょ? 同じ位の効果を注入で期待するなら‥、金額的にも大差ないしね。寄せて上げるブラ発想の勝利です。(前図のHISAKOの巾着袋を見直して、実感せよ!)

屁理屈野郎と侮られても、”お肌も若返る”とHISAKOは叫びたい!

  更に、屁理屈野郎!と侮れる事を覚悟で捏ねさせて頂きますが、溶ける去るのと同時に、淡い思い出ならぬ、お肌の活性化を残して行ってくれるのです。まあ、持続的メソセラピー(美容通信2006年6月号)とでも申しましょうか。まあ、この考え方の貼り付け簡易版がHAフィルパッチ(美容通信2011年6月号)なんですが、皮膚の表層~中層に、じわ~っと糸の周りから若さの素が染み出して来るんです。リフティング効果は手術直後から鏡を見れば明白な事実として認識が出来ますが、このリバイタライジング効果って奴は、2ヶ月遅れで、ボディブロ~の如くじわ~っと効いて来ます。本当かどうかは、HISAKO自身は組織学的にこれを検証した事がないので、あくまでも開発したPromoitalia社の受け売り。でも、患者さんを診ていると、確かにその言葉に嘘はない気もしないでもない‥。因みにPromoitalia社によると、手術後2ヶ月~最長8~12ヶ月持続するんだそうな。

異母姉妹の”Happy Lift 23”

 APTOSの異母姉妹の”Happy Lift”には、最近、”Happy Lift 23”って出来過ぎの妹が生まれたそうです。従来の”Happy Lift”の糸が12cmしかなかったのを、一気に倍近い23cmにした。だから、”Happy Lift 23”って安直な名前を付けた。まあ、単にそれだけの話なんですが、これで、V字法だとかスクエア法だとか小技を使うと、首や顎、尻(!?)と言ったパワフルに弛みきった場所にも、飛躍的に効果が出るようになりました、と・さ。

image543

*註:HISAKOの美容通信に記載されている料金(消費税率等を含む)・施術内容等は、あくまでも発行日時点のものです。従って、諸事情により、料金(消費税率等を含む)・施術内容等が変更になっている場合があります。予め、御確認下さい。

関連ページ

関連するHISAKOの美容通信をピックアップしました。

 

来月号の予告

やっぱり煙草はお肌の大敵!
治療も保険の適応になった事だし、そろそろ本腰入れて止めましょうか。