ラシャスリップマスク | 旭川皮フ形成外科クリニック

HISAKOの美容通信2020年7月号

ラシャスリップマスク

新型コロナウィルス対策の挙句の、除菌剤や石鹸等の界面活性剤(コロナも殺すけど、保湿の成分を分泌してくれる表皮ブドウ球菌や、他の常在菌達、皮膚の構成細胞達も一網打尽なんだよなぁ…。コロナ選択性の除菌剤ってあれば最高なんだけど!)に加え、マスクの物理的な慢性刺激で、お肌も唇もボロボロ。でも、生き延びる事が最大の前提である以上、発想の転換、しちゃいましょう。「マスクや除菌剤等で肌荒れした( ;∀;)」を、「まだしも、マスクで隠せるだけ良い」レベルではなく、もっと高次元に! つまり、「マスクで隠している間に、美人になっちまえ!」。これ、コロナ疲れとかコロナ鬱にも効きます。
あの、ふっくら唇(「塗るヒアルロン酸注射」って異名も!)コスメのラシャスリップスから、更にその効果を確実にステップアップしてくれる助っ人”ラシャスリップ マスク”が販売になりました。

 唇をふっくら見せ、潤いを与えてくれるラシャスリップス(美容通信2016年12月号)ですが、週1,2回、更にこの上から専用の唇用マスク パックを貼付するスペシャルケアが、コロナ禍?コロナ渦?のさ中に新発売しました。アベノマスクでやさぐれてしまった可哀そうな唇(乾燥/小じわ等)を、集中的にケアしてくれます。勿論、ヒアルロン酸注入(美容通信2005年8月号)後のケアにも最適です。

効果と成分

修復・鎮静効果

 近頃は法律が改正?厳格にかな?になり、商品の効果効能を直接的に謳う事が禁じられている関係上、ラシャスリップ マスクの効果じゃなくて、含有されている成分の一般的な作用は掲載出来ますが、製品の効果効能は掲載不可。成分から、製品の効果効能を勝手に想像してくれ!です。以下の全ての章に於いて、それは成分の一般的な作用の記載となっております。ご了承下さいません。

■セラミドNP

 皮膚のバリアに活力を与えて強化し、水分補給を増加させてくれるので、ふっくらとした滑らかなもちもち弾力肌になります。

■コレステロール

 スキンケア処方では、バリアの回復を加速させ、脂質二重層の隙間を修復する作用がある事が知られています。炎症を鎮静化させ、つっぱって艶のないお肌の冴えない感を改善してくれます。

Amazon | スターアニス/ハッカク(ホール)【50g】/スパイス・ハーブ ...

■スターアニスエキス

 ご存知、中華料理(四川料理)には欠かせない八角です。八角茴香とも言います。強力な抗酸化作用及びお肌の鎮静作用を発揮!します。

■ヤナギランエキス

 山好きで知られる脚本家の田中澄江が、「花の百名山」の著書の中で霧ヶ峰を代表する花の一つと紹介した事で、一気に全国区になりました。このヤナギラン、北米の針葉樹林帯では山火事跡に大群落と化すので、「Fire weed」ってあんま嬉しくない呼び名がありますが、土壌が安定し他の植物が生育するようになると、生存競争に敗れ、群落自体が絶えてしまうという、徒花的な哀れさを誘う花でもあります。因みに、花言葉は、「集中する」と「焦点」。

 優れた抗炎症作用があります。

 

見た目(張り/艶)の回復

■独自開発のナノペプチド複合体+

 独自開発の高濃度ペプチド複合体には、肌を回復させる成分が配合され、皺や、張りを失ってしまったお肌の残念な見た目を改善します。

Swertia - Wikipedia■チレッタセンブリエキス

 和名センブリの名前の由来は、全草が非常に苦く、植物体を煎じて「千回振出してもまだ苦い!!!!!!!!!!!!!!!」→「千度振り出し」が略されて名付けられたとされています。その由来の通り、と~っても苦味が強く、史上最高の苦い!生薬です。別名、トウヤク(当薬)、イシャダオシ(医者倒し)。因みに、当薬(とうやく)って呼び名は、試しに味見をした人が「当(まさ)に薬である」と言ったという伝説から生まれたんだとか。

 抗酸化物質及び配糖体が含まれており、ケラチノサイトの増殖を促し、表皮を強く厚くします。

 

抗酸化作用

 フリーラジカルに対抗し、唇の酸化による損傷や老化を防ぎます。

■ベリーエキス

 ベリー とは、小さく多肉で、しばしば食用にもなるような果実の総称です。イチゴ、ラズベリー、ブルーベリー、クロスグリ等がベリーに属し、多くは、多汁質で丸く、明るい色合いで、甘く又は酸味があり、多くの種子を持っており、核を持たないのが特徴とされています。

 独自開発のベリーエキス複合体は、アサイー、ラズベリー、イチゴ、ブラックベリー、ブルーベリーのエキスで構成されています。この様な強力なフェノール抗酸化物質の混合物は、老化を招く様々な誘因からお肌を保護し、肌本来が持っている防御能力を修復、回復させ、いきいきとした健康的な見た目を取り戻します。

スベリヒユ - Wikipedia■スベリヒユエキス

 スベリヒユは、今話題のスーパーフード(らしい)。そのエキスには、創傷治癒、抗炎症、抗酸化作用があるそうです。

 お恥ずかしい話ですが、HISAKOは全くその存在すら知らなかったので、早速ググってみたところ、熱帯から温帯にかけて幅広く分布し、日本中の畑や路傍、空き地等の日当たりの良い場所で勝手に生えていて、農家さんでは畑作の害草(執拗な雑草!!!!!!!!!!!)として目の敵にされているんだとか。しかし、東北地方や沖縄では、お野菜としての存在!が確立していて、主に若い枝葉を茹でてお浸しで食するそうです。山形県民には「ひょう」って名前で親しまれており、茹でて芥子醤油で食べる山菜(⋈◍>◡<◍)。✧♡って位置付けだし、沖縄県民には「ニンブトゥカー(念仏鉦)」と呼ばれて、葉物野菜の不足する夏季に重宝されているんだそうです。

 このエキスが、別格の、所謂VIP待遇を受けるのには、それ相応の理由があって、老化を阻止するだけでなく、老化による細胞への損傷を復元する、つまりテロメラーゼ活性物質!だからなんです。敏感肌の方にも使えて、高濃度のビタミンA、B、Cだけじゃなくグルタチオンまで含有しているとくれば、フルーラジカルなんてなんぼのもんじゃい (笑)ですよね~ぇ。要約すると、テロメアを強化し、伸長させ、DNAレベルで細胞を若返らせるって事です。…但し、繰り返しますが、あくまでも各種成分の一般的な作用であって、ラシャスリップ マスクの効果を示すものではありません。悪しからず(笑)。

 

保湿効果

■ヒアルロン酸

 大量の水分の溜池?貯水湖?ダム?みたいな存在です。ヒアルロン酸1gで、最大6lの水分が保持出来るそうです。ヒアルロン酸は、保水成分であり、周囲の水分を引き寄せて、潤いをキープします。

Aloe vera flower inset.png■アロエベラ

 アロエベラは、アロエ属に属する多肉植物の一種で、乾燥地帯でも育ち、アフリカ、インドやその他の地域に広く分布しています。増やし方は、挿し木、株分け。専ら葉挿しでもいける!と言われていますが、真偽の程は不明です。

 生薬としてもしばしば用いられ、その抽出物は驚異的な万能薬として知られています。多量の水分補給効果のある天然成分として、化粧品業界では最早鉄板の成分。更には、刺激を受けたお肌を鎮静かする冷却特性があり、民間療法では火傷のファーストチョイス?だったりしますが、勿論、これは老化対策にも有用な特性です。抗菌作用や創傷治癒作用もあるとされています。

ラシャスリップ マスク リップ インフュージョン セラピー

ラシャスリップ マスクの効果を最大限引き出す為の、コツ

 このリップマスクの使命は、有効成分を唇に届け、その作用を最大限発揮する事にあります。唯、使用方法が煩雑だと、それだけで誰もしてくれない可能性がある(笑)ので、と~っても簡単。週に1~2回、コロナ対策でせざる得ないマスクの下で、20分貼付しておくだけ。幾らマスクの下とは言え、会社では…と、奥床しい躊躇?配慮?も、このテレワーク全盛のご時世ですから、許されちゃう(←Zoom飲み、Zoom会議の時は、流石に使えませんが…)。コロナ禍?コロナ渦?が去って、マスクとバイバイした時の為に、プルンプルンの唇を手に入れておきましょう。

 唇へのヒアルロン酸注入との併用でも、更なる相乗効果が期待出来ます。

■ヒアルロン酸注入との併用

  • ヒアルロン酸注入後の副作用の軽減
    • 唇の乾燥を防ぎます。
    • 炎症を抑えます。
    • 挫傷を修復します。
  • 美容マスク
    • 潤いを回復させます。
    • 炎症を落ち着かせ、和らげ、低減させます。
    • 創傷治癒特性を発揮します。
  • 適応
    • 注入直後から使用出来、副作用の軽減が期待出来ます。
    • 回復プロセスの促進が期待されます。
  • ホームケア
    • ラシャスリップ マスクを週に1~2回使用します。
    • ペプチド、ヒアルロン酸及び抗酸化成分の作用を集中的に高め、コラーゲンを修復し、効果を持続します。

■ラシャスリップスとマスクの相乗効果

201612image234

  • 使用方法について
    • ステップ1;ラシャスリップスを唇に塗布します。
    • ステップ2;更にその上から、ラシャスリップ マスクを貼付し、ラシャスリップスとマスクの有効成分を、ダブルで唇に浸透させちゃいましょう。

 

ラシャスリップ マスクをオススメしちゃう人は、こんな人達です。

  • ヒアルロン酸注入効果を、更に倍増したい!って願う欲張りさんには、ワンランクアップのリップケアとして、W使いを推奨いたしま~す。
    • ラシャスリップスとラシャスリップ マスクのW使いは、ヒアルロン酸を注入した直後からOK。注入による炎症を低減させるだけでなく、修復を強力に後押ししてくれます。
    • 修復の後押し、効果の更なる延長を期待したい‼なら、ラシャスリップスの日常使いプラス、週に1~2回のパックの併用がオススメです。
  • ヒアルロン酸を注入していない人にも、勿論、効果は期待出来ます。
    • ラシャスリップ マスクは、たった1日1回の使用で持続的な効果が得られるので、ガッビガビのひび割れ唇で、何度も何度も口紅を塗り直さなければならない人に、是非使っていただきたいです、はい。
    • ラシャスリップスを、ついつい塗り忘れてしまう無精者にもおススメです。
    • 必要に応じて、ケースバイケース(笑)!

満足度!

 そりゃあ、何もしないよりも、ヒアルロン酸を注入しただけでも、ラシャスリップスを塗ってるだけでも、全然ふっくらプルンプルン唇効果はあります。でも、更に、リップ専用美容マスクであるラシャスリップ マスクを合わせ技使いする方が、当たり前ですが、効果的。お手軽で集中ケアの決定版って感じですかね。ホームケアとして、継続使用すると、更に更に、続けて良かった感がUPするんだとか(⋈◍>◡<◍)。✧♡。

 


 

*註:HISAKOの美容通信に記載されている料金(消費税率等を含む)・施術内容等は、あくまでも発行日時点のものです。従って、諸事情により、料金(消費税率等を含む)・施術内容等が変更になっている場合があります。予め、御確認下さい。

関連ページ

関連するHISAKOの美容通信をピックアップしました。

 

来月号の予告

未だ、COVID-19感染症に対する有効な治療薬やワクチンは、現時点(この原稿を書いているのが、2020年4月中旬)はありません。又、現時点(同上)では、希望者が全員PCR検査が受けられる訳でもありません。エビデンスも、現時点(同上)では確立していません。

しかし、その制約の中で、感染症に対する身近な漢方薬からのアプローチを考えました。

<COVID-19感染症と漢方薬>です。