ヒアルロン酸注入 | 旭川皮フ形成外科クリニック

いつまでも美しく
いつまでも美しく 2017年7月01日

ヒアルロン酸注入

プチ整形の代表格
ヒアルロン酸は安心です

誰もが耳にしているヒアルロン酸注入。まさにプチ整形の代表格です。詳しく知ることで、納得し安心して施術が受けられます。目尻のカラスの足跡、眉間のシワ、目の下のたるみ、ほうれい線などはもちろん、凹んだ所、ボリュームアップしたいところにも効果大。効果がすぐに出る人気の施術です。
ヒアルロン酸は、皮膚・皮下及び結合組織中のほか、滑膜(かつまく)組織及び滑液中に重要な構造として存在する天然多糖の一種です。また、全生物を通して種差が認められない数少ない物質群の一つで、スキンテストは不要です。安全面でも問題ありません。
このヒアルロン酸を注入して、自然に人知れず、若返えらせてしまいましょう! と開発されたのが、注入用のヒアルロン酸製剤です。注入用のヒアルロン酸を一言でイメージするなら、飲むゼリーです。これをシワや窪んだ所に注入して、底上げします。当院では、2003年の12月にFDA(厚生労働省の働きを持つアメリカの役所)が認可した注入用ヒアルロン酸製剤である、スウェーデンQ-Med社の製剤を使用しています。多くの国で使われている大変メジャーな非動物性安定化ヒアルロン酸製剤です。

へこんだ部分の
肌を底上げするイメージです

若い人の皮膚は張りがあります。それは、皮膚の弾力をつかさどる組織がきちんと正常な状態で存在しているからです。
皮膚組織の中には、コラーゲン線維とそれを支えるエラスチン線維と呼ばれるものがあります。それらが絡みついてネット構造をつくり、肌の弾力性を保っています。これらは年齢とともに減少し、質も低下してしまい、本来の弾力が失われ、シワの原因になります。
シワには、ヒアルロン酸の注入が効果的です。また、目の下のたるみのへこんだ部分に注入して、たるんだ部分を目立たなくできます。しぼんだ口の周りや唇もふっくらさせることができます。注入後、幹部組織と自然に一体化し、皮膚のシワや窪んだ部分を底上げします。やがて半年から1年後くらいかけて、注入した製剤も徐々に吸収されてなくなります。即効性があり、手術と違って皮膚を切ることもありません。人知れず、さりげなくできてしまうのも魅力です。

気になるところを
教えてください

ヒアルロン酸を注入する部分によって、製剤のジェルの粒子の大きさが異なります。
繊細な滑らかさが要求される極ごく浅い層には滑らかな粒子のものを、しっかりした土台作りが要求される深い層には少し大きめの粒子の製剤を選びます。いずれも細い注射針で何箇所かに分けて注入します。薄く平らに注入することも、深い層と浅い層の両方に入れ込むこともあります。施術の前に鏡を見て注入ポイントを患者さんとともに確認し、注入の分量を決めます。
 注入は顔だけでなく、首、胸、手などにも効果が期待できます。いずれにしても注入する分量がどのくらいになるのか、診療の時にわかります。金額のことも含め、気軽にご相談してみてください。