エゾマイマイ | 旭川皮フ形成外科クリニック

旭川大好き、ギャオー 朝散歩。時々、昼と夜。
コラム 旭川大好き、ギャオー 2017年6月22日

エゾマイマイ

エゾマイマイ。
殻の左右幅が40ミリにもなる、北海道最大の固有種です。

一般的に、カタツムリは敵に襲われると
殻の中に潜んで身を守ります。
しかし、このエゾマイマイは違います。
殻を振り回す「攻撃的防御」をするカタツムリなんです。

日本に梅雨をもたらす”梅雨前線”は
北上するにつれて、徐々に勢いは衰えますから
北海道まで、梅雨前線が上陸することはほとんどありません。
北海道は日本で唯一、梅雨のない地域なのです。
しかし、その代わりにといってはなんですが
蝦夷梅雨(えぞつゆ)があります。

今朝も、朝から雨。
近くの公園をお散歩していると
いつもはお目にかかれないカタツムリ達に遭遇しました。
ん?
なんか、肉厚で美味しそう💛
背中の殻の部分を指でつかんだまま裏返しにすると
結構な筋力で暴れます。
そうか!! 殻が固定されていなければ
これは結構な力で殻を振り回しているのと同じじゃ~ん。
ふ~ん。

晴れた日には晴れた日の、雨の日には雨の日なりの発見があります。
そう思えば、蝦夷梅雨も楽し?