槐(えんじゅ)の花でしょうか? | 旭川皮フ形成外科クリニック

旭川大好き、ギャオー 朝散歩。時々、昼と夜。
コラム 旭川大好き、ギャオー 2017年7月21日

槐(えんじゅ)の花でしょうか?

槐(えんじゅ)の花でしょうか?
小さな花が、綺麗に、まるで掃き寄せられたかのように
こんもりと盛り塩してました。
せいぜい直径5cmくらい。
子供のおままごと?
人があまり歩かない、歩道の端っこに幾つかあり
それも不自然です。

犯人は、蟻。
せっせと花を運んで小山を作っているのが分かりますか?

蟻は、獲物が小さければ、そのままお持ち帰りします。
しかし、あまりにも獲物が大き過ぎると
取り敢えず、土や葉っぱで目くらまし。
安全地帯を確保した上で、内臓や肉などをちびちび齧(かじ)り取り
少しづつ巣に運びます。
この砂かけ行動は、実は、厳格な役割分担がなされていて
砂をかける係と食べ物を運ぶ係は、それぞれ別の蟻が担っており
同時並行で作業を進めるそうです。

槐の花言葉は、幸福。
その花や蕾には薬効成分が含まれ、生薬としても使われれます。
蟻には、別れ花としての思いはないでしょうが
なんとも洒落た自然のお葬式です。